吹き抜けがある上に開放的なリビングに扉がなく、床暖房をいれてない。

広いリビングに憧れて、吹き抜けをつけました。

しかし、その部分にはあけしめのできる扉がありますが、階段に繋がる部分と、洗面所やトイレに繋がる廊下には扉がありません。

その為、エアコンをつけても、いくら断熱材を良いのにしていますが、温まるまでに時間がかかるので、電気代が高くつきます。

エアコンをつけるときのことまで考えて扉のつける位置があけしめの可能な扉をつけるなど、考えれば良かったなと思っています。

それとあわせて、床暖房をしておけばよかったと思います。

床暖房があるだけで、エアコンなしでも生活できると聞いたことがあります。

住んでみてわかったのですが、どんなに部屋が温まっても床が冷たいことに気づきました。

できれば裸足で生活したいですし、子供にも裸足で生活させたいと思っていたので、床の冷たさにビックリしています。

今まではアパートの二階に住んでいたので、床がこんなに冷たいとは思っていませんでした。

今までは裸足で生活できていましたか、今では冷たくてとても考えられません。

床暖房はいれておけばよかったなぁと本当に後悔しています。

床暖房があればもしかしたら、吹き抜けがあっても部屋の温まりを気にせず生活できていたのかなと後悔しています。

続きはこちら⇒https://新座市注文住宅.com/