私自身がサプリメントで失敗した事から学んだ事

サプリメントに対して間違った知識を持っていたが故に、私自身に起こった事を少し説明します。

もともと幼い頃から体が弱い私は、普段の食生活から栄養を取ると言っても、偏った好き嫌いも多いということもあって、なかなか積極的に食物からの栄養摂取が出来ず悩んでおりました。

そんな時にネットや広告などでサプリメントと出会い、「世の中にこんな良いモノがあるのか!」と迷わず飛びつき、もう無我夢中で栄養補給に励みました。

最初の一週間ぐらいは特に体調の変化も見られなかったのですが、次第に普段の食事も受け付けなくなりその結、果体調を崩すわ、体重が減るわで散々な思いをしました。

自身が「何かおかしい…」「やっぱり合わないのかなぁ…」などと考えられる場合は迷わず一時中断するか、医師に相談されることが先決だと思われます。

ここで身何が言いたいかと言うと、サプリメントが決して悪いのではなく、正しい飲み方である正しい使用法と、何よりも今置かれている自身の体調を踏まえ、ただ闇雲に栄養をとると言うのではなくて、自分の体が何を欲しているかが一番大切であり、一番のポイントでもあると思われますね。

十人十色ある人の身体の中に入る以上、各社がいろんな形で色んな摂取仕方を推奨していても、「あくまで自分の体に合わしたサプリメントの飲み方」を必ずすべきであると私自身つくづく思い知らされ、正しいサプリメントの摂取仕方のもと、日々良好なフィジカルメンテナンスを行えるようになりましたので皆さんも是非、サプリメントに対しては「しっかりとしと調べる」上でのご使用をお勧めします!

おすすめ⇒カゴメ スルフォラファン サプリ