脱衣所に入るためのドアと脱衣所の中にあるトイレのドアが干渉してしまう

脱衣所に入るためのドアは押して入るタイプ、そのドアのすぐ横にあるトイレのドアは引いて開けるタイプなので、換気のために脱衣所のドアを開けておくとトイレのドアとぶつかる手前ギリギリくらいの至近距離になってしまいます。

脱衣所のドアを全開にしないとトイレのドアが開けられない状態です。

失敗した原因は、設計段階での確認ミスだと思います。

こちらがメインで行った設計だったので、建設業者さんからの指摘もありませんでしたし、正直言って住むまで気がつきませんでした。

脱衣所のドアの開ける方向を変えると今度は玄関と廊下をつなぐドアが引いて開けるタイプなので干渉しそうですし、物理的にトイレが脱衣所のドアのすぐ横なので、ドアの開ける向きを変えてもあまり意味がないような気もします。

リフォームしないまま住み続けて、老後に車椅子を使ったりするならどちらかのドアがしっかり閉まってさえいれば、今の開け方の方が利用しやすいはずなので不便なこともありますが、すぐに直す予定はありません。

本当は老後も考えて引き戸にすれば良かったのですが、2階の洋室も全室同じドアにしていたので引き戸を使うということを全く考えていませんでした。

自分が何度も見ている設計図ではかえって気がつきにくくなっていたので、第三者に客観的にチェックしてもらえばよかったと思います。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>一宮市の注文住宅