ニキビができたときに自分で潰しては絶対にだめな理由

社会に出て働き始めた20代前半の頃、今までに感じたことのないストレスのせいか、顔中に大粒のニキビが大量にできたことがありました。
そのニキビが痛痒くて、気になって指でつぶしてしまったり、寝ている間に引っ掻いてしまっていました。

ネオちゅらびはだの効果と口コミ評価!最安値で購入可能な通販サイトはどこ?

しかもニキビができてからしばらく皮膚科にもかからなかったので、ずいぶん長い間ニキビを放置してしまったのです。
皮膚科にかかってからはキレイにニキビは消えたのですが、ニキビができていた間いじったのがいけなかったのか、頬骨のあたりにニキビ跡がたくさん残ってしまいました。

10年たった今でも、その当時できたニキビ跡が消えません。
ニキビ跡にはシミのように残るタイプもあるようですが、私はクレーターのようにボコボコと肌に凹凸ができてしまうタイプで、化粧でもうまくごまかせずに困っています。

ニキビができた時は「ニキビの芯を出すと早く治る」と言われていたりしますよね。専門家がそうした治療を行うには良いのかもしれませんが、素人が自分でやると、ただ肌を傷つける事になるんです。
自分の肌に残ったニキビ跡をみて、ニキビができたときに勝手に潰したりいじったりせずに、早く皮膚科にかかればよかったと後悔しています。