長い付き合いのニキビ

ニキビとの長い付き合い。10代から30代になった今もニキビとの付き合いがあります。
初めてニキビが気になり出したのは小学6年生の頃

http://www.cinecim.com/

おでこにポツポツできるニキビが気になりだし。お年頃もあってか友達同士でドラッグストアなどで買える塗り薬を買って、ポーチにリップとその薬を入れておでこにぬりぬりしながらお姉さんごっこ的な感覚でそこまで気にもしてなかったと思います。

中学生になり、段々と悪化、中学生頃から頬や顔全体に化膿したニキビが出来るようになり、市販薬では治らず、母に皮膚科に連れて行ってもらいました。飲み薬も、ぬり薬も処方され一生懸命に続けますが治ってはまた出来るの繰り返しでした。

高校生になり、ニキビを隠すようにお化粧しますが、それがまたニキビを悪化させる原因に、メイクの仕方もスキンケアもまともに分かっていないのにただファンデーションを厚塗りしていました。高校を卒業し、そのまま就職し、お給料を貰えるようになった頃、スキンケアを始め、色々雑誌でいいと書いているものは試しました。
その頃からお仕事のストレスが増え20代には、顔まわりにニキビが出来るようになり、25歳頃には顔のニキビは無くなりましたが、首周りのニキビ、大人ニキビ、ストレスニキビと言うやつができて、百貨店のカウンセリング化粧品や、美容皮膚に通い始めました。

30代になった今はニキビ以外に乾燥やコジワも増えて、子供の頃からのニキビが跡や毛穴の開きに変わり、レーザーやピーリングに通いながらケアしています。きっとこの毛穴がこれから毛穴タルミなどになって行くので私とニキビケアの付き合いはまだまだ続いて行くと思われます。最近は背中などにもポツリと出来て中々お別れできそうにないですね。