20代にすっぴんで通したことを後悔。日焼けの後がシミしわに!

35歳を過ぎた頃から、猛烈に後悔していることがあります。http://www.iabpe.com/

それは、年齢が若かった頃にほとんどすっぴんで通してしまったことです。

当時は紫外線を全然気にしておらず、もしシミやしわができても、自然な変化は仕方がないだろうとたかをくくっていました。

しかし、時を経てみると日焼けの代償はあまりに大きく、鏡の中を覗くのがストレスになっています。

現にシミは濃くなり、しわも目立つようになってしまい、悩みも深まる一方です。

こんなことならしっかりカバーしておくべきだったと悔やむばかりです。

しかし、20代の頃はお化粧をしても特に自分がキレイになったような気がしなかったのです。

どうしてもメイクに苦手意識があったし、日焼け止めを塗布することさえ億劫でした。

それに周囲を見渡すと同年代の人のメイクが濃くて、かえって老けて見えるなぁくらいに思っていたのを思い出します。

そういえば、近年はナチュラルメイクが全盛期ですね。

私が20代の頃は、細眉と粉っぽいファンテーションが特徴的な、濃い目のメイクが流行していました。

これが全く自分の趣味に合わず、素肌の方が感じがいいと思いこんでいたのです。

しかし、今となっては、お化粧くらいしておけばよかったなと思わずにはいられません。

見た目を綺麗にするという意味はなくても、肌を紫外線から守るために、しておくべきだったなと思います。

若い世代の人で、「別に自分を美しく見せたいわけではないし、メイクに興味はない」という人がいたら、思いとどまってほしいです。

すっぴんをさらして太陽光を浴びながら外を歩いていると、確実に肌にダメージが蓄積されてしまいます。

できてしまったシミは、とれません。なかったことにはできません。涙が出てきます。

せめて今以上にシミやしわが増えないよう、スキンケアに力を入れる日々です。